読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬうぱんの備忘録

技術系のメモとかいろいろ

作った曲一覧はこちら

eclipseでビルドするmakefileにpkg-cofingなんかを含めるときの注意

TODO

すごく当たり前のことではあるのだけど

 eclipseには.bashrcなんかで書いた環境変数のパスが通りません。なので、PKG_CONFIG_PATHを.bashrcでエクスポートしてると、pkg-configを含むMakefilegnomeでmakeすると通るけど、eclipseでビルドすると通らないみたいな現象が起きます。

で、どうする

 使いたいライブラリが勝手にpkg-configを設定してくれると一番ありがたいのですが、そうじゃない場合。
 そうなるとPKG_CONFIG_PATHをエクスポートすることになるのですが、問題はどこに書くのかということ。大抵の場合~/.bashrcに書くかと思うんですが、それだとeclipseからpkg-configしても反映されない。で、調べてみるとこんなページが

http://d.hatena.ne.jp/takuya_1st/20110102/1293970212

 .bashrcじゃなくて別のところに書けってことみたいですね。

実際にどうする

 いろいろ試した結果、"/etc/profile"の末尾にexport書けばeclipseも読んでくれるみたいです。どういうわけか"~/.profile"だとNG。読まれてないのかしら。どういうことなのかはまた後日にまとめます。

※以下追記

対象とする環境と前提条件

 多分ubuntuに限らずLinux全般の話だとは思いますが一応。
 前提条件としては、コンパイルに必要なファイルに何の変更をしなくてもelclipse CDTとmake allの両方でビルドできることです。
 というのも、eclipseでプログラム書いて動作確認した後、別のLinuxマシンでコンパイル&実行剃る必要が有るためです。コマンドから

eclipse環境変数に書き込む

 IDE環境変数に書いてみてはどうか? というコメントを頂いたので試してみます。これも後日。